FC2ブログ

阿修羅展に行ってきました

2009.04.30 *Thu
090428_154630.jpg

 幼馴染3人で、上野国立博物館にて、阿修羅展を見てきました。

 お天気がとてもよくて、外の緑も風も心地いい日。

 阿修羅像、見てみたかったけれど、
 どうして今、阿修羅だったのかな~

 
 阿修羅はインドからきた戦いの守護神ですが、
 正義のためとはいえ、帝釈天と終わりなき戦いを続けていました。

 それで修羅場、と言う言葉もあるそうですが、
 ある日、釈迦の説法を聞いてしまい、改心していきます。

 その過程のなんとも言えない、気持ちの入り混じった表情を
 三つのお顔が表しています。


 でも、もとは正義のための戦いだったのです。

 阿修羅は
 「たとえ正義であっても、それに固執し続けると善心を見失い妄執の悪となる。」
 このことを教えてくれているのだそうです。



 仏教では 天界を追われ 
 人間界と餓鬼界の間に修羅界が加えられたともいわれています。


 修羅界。

 
 たとえ、自分の想いが正しくとも、

 それに 固執 することも 「エゴ」 なんですね。

 自分では正しいと思っているからこそ、

 その「エゴ」に気づくのはなかなか難しいものですね。


  
 この阿修羅像の他には、興福寺に所蔵の宝物がたくさん陳列されていました。

 興福寺は、藤原の祖 鎌足の奥様の供養のために
 その息子不比等が建立した寺であり、

 藤原氏の栄枯盛衰と運命をともにした寺です。


 藤原氏、と言えば、私のルーツかもしれない 「忌部氏」とともに朝廷の祭祀に関わり、
 後に「忌部」を排斥して台頭して言った一族でもあります。

 そんなことを考えながら、
 長い間見学したせいか、最後には腰がものすごく痛くなりました。


 首のうしろのもぴりぴりっと痛いような・・・


 お土産の買い物をする友人たちを待つ間、
 たまらずソファにゆったりと腰掛けていたら、うそのように痛みがなくなってしまいました。

 
 なんだったのでしょうね~☆


 隣にある友人一押しの常設展 「法隆寺宝物館」

 ここもまた 展示の仕方が神秘的で芸術的で とても良かったです。


 すごい数の銅の観音像

 中には、埴輪的であったり、 何故か宇宙的であったり、ササン朝ペルシャっぽかったり、
 妙にお腹の出た観音様もいて 
 聖徳太子の頃の仏教のイメージを興味深くあじわいました。

 当時、仏教の催事のなかで、踊りを踊る時につけた面もたくさんありましたが、
 これは外人でしょう?という顔ばかり。

 面白い 面白い。



 当時の水瓶を見ましたが、この頃水はどうしてたのかしら? 井戸?

 誰か知ってたら、教えてくださいね。



 どこかにゆったり出かけるには、
 本当にいい季節ですね。

 上野は 緑と日差しが綺麗でした。

  
スポンサーサイト



COMMENT : 2
TRACKBACK : 0
CATEGRY : 心の旅

COMMENT

NoTitle
sarahさん、ご無沙汰しております。
わたし、つい一週間ほど前にこの興福寺に行っていて、
阿修羅像が出張中で不在、
ということでガックリ肩を落として帰りました。
その阿修羅像にここで出会えるとは思わず、
ちょっとタイムリーな記事にビックリして、
声をかけさせていただきました(^^;

阿修羅のことについてちょっぴり知れてお勉強もできたし、
ありがとうございます(*^^*)

阿修羅像が奈良に帰ったら、
今度はわたしも逢えたらいいなぁ^^


2009/05/01(金) 19:22:04 | URL | 梅子 #sheKOnpw [Edit
☆梅子さん
コメントありがとうございます。
お元気そうですね。

阿修羅像は半年の地方巡業のようですね。
先日、その運搬作業のドキュメンタリー番組を見て
あの6本の手を傷つけずに運ぶ作業の苦労を見ました。

去年の今頃は、日光・月光菩薩様が癒しのためにおこしになり、
今年の阿修羅像は、理由の如何によらず戦いから離れることを教えてくれているかしら。

梅子さんは四国でしょう。
興福寺のシンクロを考えると、何らかの形で忌部氏に関わったかもしれないですね。
四国は忌部氏の発祥地ですから。
そうすると海人族として、海が好きなのもうなずけますね。
面白いです。

2009/05/01(金) 21:49:18 | URL | sarah #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Flashカレンダー



お知らせ



プロフィール

sarah (サラ)

Author:sarah (サラ)
誰もが光の中にいることを思い出して、
「世界にひとつだけの花」を咲かせるためのお手伝いを楽しんでいます。

   ☆今日のお月様☆









最近の記事+コメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Copyright © 天使の羽 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか