FC2ブログ

This Archive : 2009年03月

日、一日と春です

2009.03.13 *Fri
090303_114654.jpg
    
<卒業の日 次女の高校の通学路から見えるベイブリッジ>
 
 
 

 次女の卒業式が終わり、

 末っ子の卒業式が終わり、

 悲喜こもごも、さまざまな想いを乗せて春への風が吹いていきます。


 別れであり、旅立ちであり、

 私にも節目の春がやってきます。



 出会った言葉があります。



 「好雪片々として 別所に落ちず」

  舞い落ちる雪の ひとひらひとひらは 落ちるべきところに落ちている。

 
 これは、禅 の言葉のようです。



         090227_111517.jpg

     私の街には、今冬 積もるような雪はほとんど降りませんでした。

     この写真の雪も まもなく霙に変わってゆきました。




 受験であれ、就職であれ、

 思うように行くこともあれば、

 そうも行かないことがたくさんある。


 
 親として、はがゆい思いに吐息がもれることもありますよね。



 私の周りにも、

 
 思った学校に決まらず、嘆く親御さんがいると思えば、


 本来ならば、裕福な家庭の中にいて、

 中高一貫の私立高校にそのまま進学するはずだったのに、

 不況の波の中での親御さんの苦渋の選択を受け止めて

 急遽年末に 公立高校の受験を決め、見事合格した子もいます。


 本当は、私立高校で ばりばりにラグビーがやりたかった。

 でも、どんな形でも できればいいって言ったんだって。


 
 この世間の波に左右されて

 決まっていた就職だって思い通りに落ち着くとは限りません。



 超有名私立高校から、超有名大学に進み、

 立派に就職を決めたのに、

 心が言うことを聞かなくなってしまったお子さんを持つ友人もいます。




 そのどれも、


 全ては 落ち着くべきところに落ち着く。

 必要のある事が 起きてゆく。



 受け止めて 今を生きる。


 
 公立に見事合格した彼は

 それまでは、ただのあまったれさんのような中学生でしたが、

 この経験が、彼を ずっとたくましい、芯の通った目つきの少年に変えました。



 どんな状況も 事柄も

 それは意味があって生まれている。



 受け止めて がっぷり四つに組んで

 さ~て、 ステップをもうひとつ上がりましょうか~


 090306_150907.jpg



スポンサーサイト



COMMENT : 4
TRACKBACK : 0
CATEGRY : メッセージ

Flashカレンダー



お知らせ



プロフィール

sarah (サラ)

Author:sarah (サラ)
誰もが光の中にいることを思い出して、
「世界にひとつだけの花」を咲かせるためのお手伝いを楽しんでいます。

   ☆今日のお月様☆









最近の記事+コメント



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



最近のトラックバック



月別アーカイブ



Copyright © 天使の羽 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  (素材:ふるるか